喘息対策

小さいこどもから大人まで、幅広い世代で悩まされている喘息(ぜんそく)。
実は喘息は肺まで含めた「気道(即ち気管支)」の炎症の事なのです。
もともと、喘息になりやすい体質に加え、ダニのフンなどの原因物質や、過労、精神ストレスなどの体調不良により引き起こされ、また悪化してしまうと言われています。そんな喘息の症状と悪化の原因となる原因物質の対策をご紹介します。

喘息になるとどうなる?

喘息になるとどうなるのか。症状を見ていきましょう。
風邪だと思っていたが、実は喘息だったということはよくあります。

・主に夜中や明け方に息をするとき、ゼーゼー、ヒューヒューする(喘鳴)
・息苦しい(呼吸困難)
・急いで走ったとき、冷たい空気を吸ったとき、掃除をするときなどに咳が出る。
・熱も無く、風邪が治ったはずなのに、いつまでも咳が出る。
・何もないのに咳だけが何週間も止まらない。

また、重度の喘息発作が起きると、息が苦しくて話が出来なくなったり、呼吸困難により、話すことや歩くことが難しくなります。

喘息への対応法は?

喘息発作を予防するには、医師任せ、薬任せにするのではなく、喘息を悪化させる原因物質を減らすことも大事です。
その代表的なものが、ダニのフンとハウスダスト、風邪などのウイルスです。
部屋の掃除を徹底して行いましょうと推奨するところもありますが、なかなか難しいのが実情です。

そこで今回ご紹介する方法は、窓ガラスにエアープロットをコーティングする方法です。

エアープロットは喘息の原因となるダニのフンやハウスダストを分解除去し、室内環境を改善します!

エアープロットの効果

エアープロットはプラチナチタン触媒を使用した窓ガラスのコーティング剤です。
ダニのフンや花粉、ウイルスなどの有機物を分子レベルで分解し、水や二酸化炭素に変えるチカラがあり、窓ガラスに1回塗るだけで10年間分解し続けてくれます。

実際に喘息になっていて苦しんでいる人が、窓ガラスをコーティングした30分後、喘息が収まりました。その方はエアープロットでコーティングした部屋で生活をしていますが、その後10年間喘息が再発していないとのことです。

エアープロットがダニのフンを分解する様子

では、エアープロットでダニのフンが分解されるのか実験し、電子顕微鏡の写真を撮影しました。
写真は、エアープロットコーティング前とコーティング12時間後の写真で比較してみます。
ダニのフンが分解され、形がバラバラになっている様子が分かります。

​Before

ダニのフン

分解前

(電子顕微鏡8,000倍)

ダニのフン分解前.webp

​After

ダニのフン

分解開始12時間後

(電子顕微鏡8,000倍)

ダニのフン12時間後.webp